多重債務者の借入は難しい

キャッシングの審査は、本人が記入した申込書と、信用情報機関の個人情報に基づいて行われます。その中に、他社借入状況とか他社借入残高がどれくらいあるかと言う項目が有り、どこのキャッシング会社でもその項目を重要視しています。

もちろん「モビット」も他社借入についてはシビアな判断をするので、他社借入が有る場合は慎重に審査されます。

 

他社借入があると審査に通りにくい理由

複数社の借入をしている人を多重債務者と呼び、「モビット」はこの多重債務者については審査が通りにくいと言われています。他社借入件数が1,2件の場合は審査に通る場合もありますが、一般的に5社以上から借入をしていると「モビット」に限らず審査に通らないと言われています。

「モビット」のようなカードローンは、無担保無保証でお金を貸します。あなたにお金を貸しても返済する能力があると判断したのでお金を貸しましょう」というように申込者を信用してお金を貸します。もし、返済出来なかった時のリスクも考えてお金を貸すかどうかを判断するので、出来るだけリスクの少ない人に貸したいのは当然の事と言えます。

仮にお金を貸しても自己破産されると、貸したお金は返ってきませんし、任意整理を行ったとしても利息分は返らないという事になってしまい、いわゆる貸し倒れ状態になってしまいます。わざわざ自分の会社が損をするような事は基本的にしない、これは利益を上げる上で大切なこと。多重債務者はそれだけリスクが高い立場にいるということです。

 

多重債務にならないためには

多重債務者になった多くの人は「今借りているお金を返すことが出来ないから、別の会社から借りたお金を返済に充てよう」という事で、次から次へと借りていく、いわゆる自転車操業に陥った人です。

この事からもわかるように、「返済できないお金は借りない」という強い意志が必要ですが、もし返済が厳しいと感じた時は、返済が出来なくなる前に、勇気がいりますが相談する事がポイントです。

お金を貸した会社も「毎月決まった金額じゃない駄目!」というキャッシング会社は少なく、任意整理をされてしまうと元も子もなくなってしまうので、内容によっては利息分だけ支払うようにしてくれたり、返済額を減額してくれたりするケースもあるので、まずは相談する事が重要になります。