モビット審査に落ちないためのポイント

三井住友銀行グループ内の「モビット」は、口コミやランキングサイトでも人気のある大手消費者金融です。「モビット」は安定した収入が有れば比較的審査に通りやすいのですが、それでも審査に通らないという方がおられます。

審査に落ちた原因は教えてもらえないので、具体的な事は解りませんが、これだけはクリアしておきたいという事が有ります。

 

モビットの審査に通らない原因は

「モビット」の審査は、基本的には返済能力が有るかどうかをチェックするのですが、そのためにも「安定した収入が有るかどうか」が重要で、安定したというところで勤続年数が影響してきます。

「モビット」はパートやアルバイト、派遣社員でも申込が出来ます。たとえば、正社員になって2カ月と言う人と、アルバイトだけれど勤続年数は1年と言う人を比べた時、就業形態に関係なく「モビット」で信用されるのは勤続年数1年のアルバイトの方を選びます。「モビット」の審査に通るためには、同じ勤務先での勤続年数が長ければ長いほど、有利になります。

また、現在の借入を複数社からしていると言う場合、3件以上で契約をしている場合は、新たに「モビット」へ申込をしても審査に通るのは難しいと言われています。そんな場合は、現在利用してるキャッシング会社を3件以内にまとめる必要があります。そのためには、どこかを完済して契約解除をする事で審査が通りやすくなります。

ただ、借入件数を減らす事が出来たとしても、借入限度額が年収の3分の1を超えていると、それ以上の融資は「モビット」でも受けられません。

 

信頼できるかどうかが重要

審査に落ちた理由で、申込書の記入ミスや記入漏れ、嘘の記載がばれた事が原因で落ちたというのが一番多いと言われています。申込書に記入ミスが有った場合、例えば連絡先の電話番号を間違えていた時は、本人との連絡が取れないので落とされたり、勤務先の電話番号を間違えたために在籍確認が出来ないという事で審査に通らないという事もあります。

特に気を付けなければならないのは、少しでも自分の属性を高めようと思って嘘の記載をしてしまう事ですが、キャッシング会社はこれまでの膨大なデータを蓄えており、そのデータからウソをついてもすぐにバレてしまいます。申込書は正直に書く事と、提出前はミスや記入漏れがないかを再確認してから提出する事が重要です。