仮審査に通っても本審査に通るとは限らない

最近のキャッシングはネット申込に人気が有ります。ネット申込を済ませ、借り審査を終えてから本審査と言う流れになりますが、「モビット」も仮審査と本審査があり、融資を受けるためにはどちらの審査も通過する必要があります。

 

仮審査で審査されるのは

「モビット」の審査は、仮審査と本審査に分かれています。仮審査で審査するのは、本人確認の審査だけとなる場合が多く、ここで落とされるのは、住所不定者や、個人情報の確認が取れないような人がふるいに掛けられます。

仮審査は、申込者が自分の情報を正直に記入していれば、ほとんど落とされることがないといってもいいぐらいの難易度で審査を通過する事ができます。問題なのは、この仮審査を通過したあとに行われる本審査です。本審査は、これまでの仮審査とは異なり、この契約者それぞれの具体的な考査に入ります。

 

本審査で審査される事は

本審査で行う審査内容はキャッシング会社によって違いが有ります。なにがどう違うのかは公表されていないので詳しい事は解りませんが、金融業者ごとに重視する項目に違いが有ります。年収や勤続年数、金融事故の有無、他社借入など、のどの項目を重要視するかは金融業者ごとに微妙に異なってきます。

ですから、実際に「A社の審査には落とされたけれど、B社の審査には通った」という事が起こります。

 

何を優先しているのかを調べる

キャッシング会社が審査の時に、何を最優先しているかをある程度、判断することができます。ほとんどの消費者金融のホームページには、そのページ内に簡易診断が用意されていて、その中で要求される事が最も重視されるものになります。

たとえば「モビット」の場合、「お借入診断」があります。そこには生年月日、現在の収入、他の金融業者からの借入額を記入するようになっています。

つまり「モビット」の本審査で重要になるのは、どんな職業なのかというより、具体的にどれくらいの収入が有るかという事と、他社で現在どれくらい借入をしているかを重要視している、という事になります。ですから「モビット」の場合、他の金融業者などから借入が一切なければ、審査を通過する可能性が高いということにもなります。